石垣島 “ミニ”フォトギャラリー

人間国宝、紅型師、玉那覇有公

いのち輝く八重山(やいま)]

石垣市出身の染織家で国の重要無形文化財・紅型保持者(人間国宝)、玉那覇有公氏の原画をもとに製作されたステンドグラス。


南ぬ島石垣空港フードコート

新石垣空港フードコート。2013年3月7日に新しく開港いたしました!フードコートも広々、八重山のお土産屋さんもそろっています。


ミシュラン三ツ星、川平湾

風光明媚な川平湾、ミシュラングリーンガイドジャポン旅行雑誌では沖縄唯一の最高評価、3つ星として評価されました!石垣島に来られた際には必ず行っておきたい景勝地です。


サンゴ礁、リーフ、空撮

石垣島は東京から約2千キロ、沖縄本島から約4百キロ南西に離れた亜熱帯の島です。八重山諸島の経済、政治の中心地であり、人口は2016年現在約4万9千人。


南の島の星まつり、南ぬ浜町、サザンゲート

毎年旧暦の七夕前後に行われる南の島の星まつりです。2016年8月6日(旧暦7月4日)に第15回目を迎えました。石垣島では88星座あるうちでなんと84もの星座を見ることができます。


ヤギ

八重山ではヒージャー(ヤギ)をよく見かけます。食用として飼っているところがほとんどです。やぎ汁や、やぎのお刺身などは絶品!ぜひお試しください 🐐 うメェ~!


マングローブ

マングローブの胎生種子です。左はオヒルギの種,右がメヒルギの種です。これらが群生したものを総称してマングローブと呼んでいます。浜に落ちてる物を拾えばラッキー!真水で十分に育てられます。

 


オヒルギ

マングローブの一種オヒルギ。比較的真っすぐに伸び、木の根元から膝根と呼ばれる根っこがボコボコと飛び出しているのが特徴です。種子をつけるときに赤い萼がつくことから、赤花ヒルギとも呼ばれます。


仲間川 西表島

西表石垣国立公園に含まれる仲間川。下流にはヤエヤマヒルギ・オヒルギ・メヒルギなどからなる日本最大の面積を誇るマングローブ林が見られ、仲間川天然保護区域として指定されている。


沖縄本島や八重山諸島で見られるヒカゲヘゴ。これぞジャングルの植物というイメージではないでしょうか。新芽は幹の頂部より伸びゼンマイのような形状になります。それを天ぷらにする郷土料理も有名です。


具志堅用高

 

 

石垣港離島ターミナルに2013年12月26日、石垣市出身、ボクシング元世界チャンピオン具志堅用高さんの銅像設置されました。元WBA世界ライトフライ級王者で日本人最多、13回の防衛を果たした偉業を讃え、石垣市が「思わず写真を撮りたくなるモニュメント」として制作しました。


西表島・まるまビーチです。上原港から徒歩で行くことができるのでアクセスは抜群!

西表島は西部と東部に大きく分かれます。夏は海もきれいでアクティビティも多い西部へ是非遊びに行きましょう!


西表島 ゲータの滝

西表島・ゲータの滝です。西表島では、山が多く川が多いです。知られざる滝がたくさんあります。お手軽に行けるところから片道5時間かかるところまで♪


西表島・網取(あみとり)。西表炭坑の採掘が中止された後は急速に衰退、1971年に廃村、今は東海大学地域沖縄研究センターがある。網取港には旧集落跡を示すあんとぅりの碑がある。網取湾の珊瑚は西表島で1、2を争う美しさである。交通手段はチャーター船。


ミナミコメツキガです。東南アジア熱帯域干潟に生息。八重山諸島では兵隊ガニともよばれ集団で動く縦歩きをするカニ。きれいな瑠璃色なんです♪


石垣島最西端に位置する御神崎(おがんざき・うがんざき)。サンセットスポットとしても人気です!


サキシマハブ

サキシマハブです。波照間島・与那国島・はとま島を除く八重山列島に多く生息している強い毒をもった夜行性の蛇。サトウキビ畑の中や石垣などに良く見られる。かまれたときはすぐに毒を吸い出す&救急車!!


オオゴマダラ、大胡麻斑

オオゴマダラ(大胡麻斑)日本のチョウとしては最大級で、南西諸島に分布する。南ぬ島石垣空港内航空会社のカウンター後方にある中庭、「光庭」で飼育されている。


石垣市、ゆるキャラ、ぱいーぐる

石垣島・西表島に生息する特別天然記念物、カンムリワシをモチーフにしたゆるキャラ、”ぱいーぐる”!南は八重山方言で”ぱい”、鷲を英語で”イール”ということから名付けられました。


石垣島、ひまわり、シードー線

石垣島シードー線のひまわりが8月4日現在満開になっています♪

花言葉は🌻

光輝、憧れ、崇拝、私はあなただけを見つめる、あなたを幸福にする🌻


風鈴ハイビスカス

沖縄地域ではハイビスカスが年中見ることができます。その種類も豊富で、八重のものやピンク色・白色など園芸種では5千種を超えます。こちらは中でも人気の風鈴ハイビスカスです♪


田植え、二期作、三期作

石垣島では早くも二期作目の田植えがはじまっています。8月に田植えをした稲は1月頃に収穫します。中には三期作をしている農家さんもいるそうです。さすが南国!


イリオモテヤマネコ

西表島で只今、100頭前後しかいないと言われる特別天然記念物、イリオモテヤマネコ。2016年は事故が相次ぎ、8月現在で6件という最悪のペース。西表島では安全運転を心がけましょう!


ヤエヤマヒルギ

八重山諸島で一番良く見られるマングローブの一種、ヤエヤマヒルギ。根っこがたこ足状になっているのが特徴で、汽水域の中でも海水濃度が高いところによく見られます。


メヒルギ

こちらがメヒルギ。名前の通り、オヒルギよりも少し背は低く、根っこが板状になっている(板根・ばんこん)ことが特徴です。


サキシマスオウノキ

サキシマスオウノキです。日本では、特によく板根を発達させる木として有名で、昔は板根を切り出して船の舵などにも利用された。西表島・仲間川の上流では樹齢4百年といわれるサキシマスオウノキが見られる。


カンムリワシ

特別天然記念物、カンムリワシ。石垣島出身のプロボクサー具志堅用高の異名でもある。日本では石垣島に100羽西表島に100羽、合計約200羽ほど生息しているとされる。


石垣島 位置 地図

石垣島が日本のどの位置にあるのかみなさまご存知でしょうか。こちらの碑を見れば一目瞭然!

稚内から2820キロ、東京からは1950キロ、大阪からは1590キロ、南西へ離れています。ちなみに沖縄本島からは400キロ、台湾からは270キロと、台湾への方が近いのです♪この碑は石垣市立図書館近くにございます。


玉取﨑展望台

石垣島・玉取崎展望台です。石垣空港から約20分、太平洋と東シナ海が同時に見れる展望台ということでも有名です♪石垣島に到着されましたら最初の観光地にいかがでしょうか(^ω^)


西表島の朝日とマングローブ。海辺の景色は時間を変えるとがらりと変わります。干潮時・満潮時・目まぐるしく変わる天気。移り変わる景色をお楽しみいただけます。


西表島のゆるキャラ、ピカリャーです♪特別天然記念物、イリオモテヤマネコがモチーフ。夜行性で夜中に目だけがピカッと光るとことから名前が付きました!八重山のゆるキャラの中で人気No.1ではないでしょうか♪


グンバイヒルガオ(軍配昼顔)です。八重山諸島の砂浜で特に多くみられます。葉っぱが見ての通り軍配にそっくり!ということでこの名前が付きました♪


リスざる

石垣・やいま村のリスざるです!やいま村の中には約30匹ほどのリス猿が放し飼いにされているエリアがあります♪ほかにも三線を使った民謡ショーや昔ながらの赤瓦屋根の家が移築・復元されていて、見どころがたくさん♪


沖縄県の県花、でいごです♪3月・4月に町を彩ります。THE BOOMの島唄などに、『でいごの花が咲き風を呼び嵐がきた』と歌われているように、でいごのたくさん咲いた年には台風がたくさん来るという言い伝えもあります。